訪問歯科とは

歯科医師や歯科衛生士が要介護の認定を受けられたり、病気などで通院ができない方のご自宅や施設などを訪問し、継続して計画的な医療・管理を行います。なら、「神戸では抜群のインプラント技術!」とうわさされる「ひろ歯科クリニック」が断然おすすめです。インフォームドコンセントを徹底していますので、安心して受診できます。
お口のお悩み(入れ歯や歯周病、口臭など)を解決することによって、ご本人の健康維持や増進とともに、介護される方の負担を軽減いたします。

◆なぜ訪問歯科が必要なのか

現在、全身の健康に口腔内細菌が悪影響を及ぼしていることがわかってきました。
日本人の死亡原因の第4位の肺炎もその一つです。その9割が65歳以上の高齢者の方です。

肺炎の原因となる細菌は口中に潜伏していますが、その細菌が気管に入り込んでも健康な方でしたら咳や白血球の防衛などにより排除することができます。
しかし、高齢になるといずれの防御能力も低下し、またものを飲み込む力が弱まるため、知らず知らずのうちに細菌が気管から肺へ流れ込んでしまい、肺炎を発症してまうのです。

ですから、専門スタッフによる口腔ケアで、お口をより清潔に保ち、細菌を排除することが必要となるのです。

同時に、お口の機能(食べる、話すなど)が低下していくのを防ぐために、口腔リハビリ(専門的な口腔マッサージや構音訓練など)を行うことで、お口の働きを維持向上させます。

◆歯科治療

訪問先での治療用器材が充実しておりますので、基本的には歯科医院と同等の治療を提供することができます。
入れ歯(義歯)の作成や調整、修理、抜歯、歯周病などの治療が可能です。
加齢による口腔内の変化や歯肉の衰退などで起こる入れ歯の不適合の調整や、義歯の作成において最も需要が高いと言えます。

治療のために特別準備する必要はありませんが、電源とお水をお借りさせていただきます。
◆口腔ケア

口腔内を歯科衛生士が丁寧にブラッシングいたします。
口腔ケアには主に以下の2通です。

1つは、口腔内の清掃です。口腔内は複雑な構造をしているため、細菌の繁殖がしやすい状況にあります。
そこで、ご自身はもとよりご家族、施設のスタッフでは管理しきれないところを、歯科医師や衛生士がそれぞれに合った専門的な方法で清潔ケアを行い、口腔内の衛生状態の改善をはかり、高齢者に多い誤嚥性肺炎や、感染性疾患(インフルエンザなど)の予防をいたします。

もう1つは、お口の機能(噛んだり飲んだりする)の回復です。
お口のマッサージや体操、口腔リハビリ(発音の練習)などを行いながら、口腔機能の維持・向上を図り、できるだけ長くご自分の口で食べる、会話をするなど、心身ともによりよい生活が送れるよう、お手伝いをするものです。

レーザーによる歯の治療ではムシ歯菌をレーザー照射によって殺菌してしまい、一段と歯表面の硬さを向上させ、ムシ歯になりにくい状態にする事が難しいことではなくなります。
歯に付着する歯石はプラークと質が違い硬い性質であるため、毎日の歯のブラッシングで取るのがやっかいになるばかりか、具合の良い細菌が好む住処となって、歯周病を起こします。関西では有名なヘアデザイナーとのコラボメニューが人気を呼んでいる大阪心斎橋近くの審美歯科ならこちらです。大人気の治療を是非ご体験ください。
噛み締めると苦痛を感じる入れ歯、しっくりきていない入れ歯は、そのことが理由で充分にアゴを動かせずに驚くことにそのまま飲み下してしまう実例が増加してしまうとのことです。
永久歯と違って乳歯はエナメル質や象牙質等の厚さが約半分ほどしかないのです。一層再石灰化の機能も乏しいため、むし歯を起こす菌にあっけなく溶かされるのです。
インフォームド・コンセントの推進は病気の進行具合をしっかりと捉え、それを良くする治療の手段に率先して努力しましょうという考えに端を発しています。


歯のクリーニングは、歯周病の原因となる菌のはびこるのを阻止する最適なケアだと科学で証明されており、ただなんとなく爽快なだけではないとされています。
良く知られているように口腔内の唾液はいかにも酸っぱそうなものや、おいしそうに見えるものを見たりすると分泌されるのですが、実はムシ歯や歯ぐきの歯周病などを阻止するのに役立つのがこの唾液なのです。
気になる口臭を和らげる効用のある飲みものにコーヒーが知られていますが、大量に飲みすぎると口腔内の水分がカラカラになってしまい、悪いことに口臭の元になってしまうことが公表されています。
長期にわたって歯を酷使し続けていると、表面を覆うエナメル質は密かに傷んでしまって脆くなるため、なかにある象牙質自体の色味がだんだんと目立ってきます。
むし歯や歯周病が深刻になってからデンタルクリニックに駆けこむ人が大多数だと思いますが、予防の目的で歯のクリニックに通うのが実際には好ましいのです。


歯肉炎ができてしまうと、歯みがきの時、リンゴを齧った時、歯ぐきから血が出てきたり、歯茎がなんだかムズムズして痒い等のこうした状況が見られます。大阪で有名なヘアデザイナーとのコラボメニューが女性に人気で、大阪からも15分で行ける歯科ならこちらです。評判のホワイトニング治療を是非ご体験ください。
今では医療技術の開発が発展し、驚くことに針のない無針注射器のシリジェットやデンタルレーザー治療器を使用することで、痛みを一際軽くできる「無痛治療」という手法があるのです。
職種に関係なく全ての働く人に対しても該当する事ですが例えば歯科に勤務する歯科衛生士のような医療関係の現場に所属している人はとても仕事中の身嗜みに注意を払わなければいけないとされています。
カリソルブの特性上割りかた面積の少ないむし歯の治療には効果的ですが、程度の重い虫歯に対しては有効ではないので、その点についてはご了承のほどお願いします。
針がついていないシリジェット(無針注射器)とレーザーの治療器を両方使用して施術すると、むし歯も口内炎も苦痛を99%与えることなく治療を行うことができるようです。

口臭を抑える作用のあるドリンクとして、名前があがるのはコーヒーですが、あまりにも飲み過ぎると口のなかがカラカラに乾いてしまい、ともすれば口の臭いの要因となるそうです。
PMTCを利用することで、基本的なハブラシによる歯を磨くことでは消しきれない色素沈着や、歯石以外の不純物、ヤニなどを驚くほど除去します。
口内の唾は、いかにもすっぱそうなものや、美味しそうなものを目の前にしただけで出てくるものですが、むし歯や歯ぐきの歯周病を抑制するのに有効なのがこの唾です。
厄介な歯肉炎を発症すると、歯ブラシでのブラッシングの時、林檎等を齧りついた時、歯ぐきからの出血があったり、歯茎がどことなくむずむずして痒いといったトラブルが現れるようになります。
ムシ歯や歯周病が痛み出してからかかりつけの歯科に出かける人が、ほとんどだと思いますが、病気予防しにかかりつけの歯科医院に定期的に通うのが現におすすめできる姿でしょう。

歯の表面を少しだけ削って白く見せるための研磨剤入りのハミガキ剤は、多少マイナスイメージのアイテムですが、歯がもう一度石灰化するのを促進するのは有益な効能です。
口腔外科というところは、歯槽膿漏、虫歯または入歯の処置はもちろんのこと、他にも口の中に現れるさまざまなトラブルに適応できる歯科診療科の一つです。
とある研究結果によると、顎関節の違和感などの自覚症状を認識していなくても、3~4割もの人が口を開けたりする状態で、これと同じ異音が鳴るのを認識していたようです。
インプラントのメリットは、口に合わないということがなく、食事で噛むときも健康な歯と変わりなく快適です。更に特筆すべきは、この方法以外の治療方法に比べてみると、顎の骨が失われていくことがないというメリットがあります。
広い歯周ポケットには、汚れたプラークが簡単に入りやすく、こうして集中した場面では、歯ブラシでのブラッシングのみ実施しても、すべて完全には除去できません。

本当ならば医者が多いと、ゆっくりと患者の診察をしてくれそうなイメージはありますが、むしろそんなところは流れ作業のスタイルで、患者に治療を施す所が存在するのです。
デンタルクリーニングというのは、歯周病の源である菌の賦活化を食い止める効果的な手法だと、科学的に認められ、単に爽快というだけではないと考えられています。
毎日の歯ブラシでのブラッシングを念入りに施していれば、この3DSの効能でムシ歯の原因となる菌の除菌された状況が、平均すると、4ヶ月から半年ほど持つようです。
ムシ歯を要因とする知覚過敏は、虫歯がずい分病状が悪化していると察せられ、歯牙の痛みも依然として変わりませんが、そうでない際は、短期的な徴候で落着するでしょう。
歯周組織を蘇らせるために、エムドゲイン治療を行うのは極めて良い結果をもたらす方法ですが、それを施しても、絶対に再生の成果を獲得する保障はないのです。