歯周病や虫歯の原因菌を死滅させる殺菌法が誕生!?

東北大大学院歯学研究科の研究チームが、「虫歯や歯周病などの原因菌をほぼ死滅させられるという新たな殺菌法を開発した」という記事を発見しました。
この研究により、医療機器の開発も平行して進められ、新たな画期的な治療法が数年以内に実用化できという可能性が高まってきているようです。

この研究チームは、4種類の口腔内細菌(虫歯菌や歯周病菌など)を過酸化水素(オキシドール)の水溶液に入れ、レーザー光を照射。
すると強い殺菌作用のある物質(活性酸素の一種)を発生し、その3分以内に99・99%以上の菌を死滅させたといいます。

「活性酸素」の一種にそんな殺菌効果があるなんて知りませんでした。
治療が難しかった歯周病の奥深い病巣を殺菌することなどへの応用が期待されます。また、これは人体への影響はないとみられています。
この研究チームは、過酸化水素水(オキシドール)とレーザー光を同時に出す歯周病用の治療機器の開発を精密機械製造「リコー光学」などと、進めているようです。
2011年度以降に臨床研究に入る予定のようです。

「虫歯になりやすい人」と「歯周病になりやすい人」とはよく使われる言葉ですが、この研究結果によっては、「虫歯になりにくい人」や「歯周病になりにくい人」を容易につくり出すことが出来るかもしれません。
気になるのは「人体への影響」です。もし害があったとしたら大変な事ですから・・・
今後のこの研究結果に期待ですね。

■自分の歯を使った歯科治療

抜歯した歯を使った歯科治療の研究が進んでいる。

近年では、抜歯した歯(親知らずなど)を凍結保存しておき、歯科治療時の歯冠修復に再利用するという研究が進んでいるようです。
近年まで、さまざまなメーカーから素晴らしい歯科材料が研究・開発されてきましたが、やはり『天然歯』の強度・機能性・審美性などの素晴らしさに勝るものはありません。

この治療というのは、歯を虫歯や事故などによって失った場合に、親知らずの治療や歯列矯正で抜いた歯を保存しておいた歯を移植するという方法です。

親知らずの治療や歯列矯正で抜歯した際に、その直後に特殊な処理を施して歯根膜を維持し、移植した後も噛み応えが高い確率で得られるようにするものです。
しかし問題もあるようです。
他の抜歯した歯の利用法を簡単に解説すると、まず、虫歯の治療で削った部分の型を取ります。その後、保存していた歯がこれに合うようにコンピューターで形成します。
それを滅菌した後、歯科用接着剤で固定する。以上の様な流れになります。
この治療方法は、個人的にはどうかなと思います。わざわざ天然歯を使わなくても良いんじゃないかと・・・。

これまでに5本の歯の治療実績があり、既に治療後2年以上経過した歯も、歯や歯肉に問題はなく良好な状態のようです。
現在の法律では、修復には自分の歯しか使用できませんが、将来、他人の歯を用いる研究についても進めているようです。他人のはあまり入れたくはありませんが。

歯を長々と維持するためにはPMTCはとても肝要であり、この事が歯の処置後の状態を半永久的に存続できるかどうかに強く影響を与えるのも実際の事です。
長きにわたって歯を使用すると、表面を覆うエナメル質はちょっとずつ減って脆くなってしまうため、中の象牙質の持つカラーが密かに透けてきます。
甘いもの等をいっぱい食べたり、毎日の歯磨きをさぼると、歯周病のきっかけとなる菌が増えてしまい、プラークが増加し、ついに歯肉炎が出現してしまうのです。
審美歯科の治療現場において汎用的なセラミックを使うケースには継ぎ歯の入替などが活用法としてありますが、詰物としてもこのセラミックを採用することができるみたいです。
現在のところ虫歯を有している人、それともまたかつて虫歯に悩んでいた人、実に日本人のおよそ9割がこうした虫歯の原因となる菌を絶対に持ち合わせているのだと言われています。


人間の歯牙の外面を覆っている硬いエナメル質の真下の部分より、口腔内環境の指針である酸性の度合いが下がりペーハー(PH)の数値が5.5から5.7より小さくなるとリンやカルシウムが溶けてしまいます。
歯の表面のエナメル質にこびりついてしまった歯石や歯垢を取ることを総称してクリーニングと言いますが、さきほど述べた歯石や歯垢などは不快なむし歯の因子となるのです。
口腔内の匂いの存在を自分の家族に質問できない人は非常に多いと思われています。そういう場合は、口臭外来へ行って口臭の専門治療を行う事を提言します。
一番初めは、歯みがき粉を使用しないでよくブラッシングする方法を習得してから、仕上げする際にごく少量のハミガキ粉を利用するとしっかり歯を磨けるようになるでしょう。
歯に付着する歯垢について果たしてあなたはどれくらい分かっていますか?テレビやCMでも大変よく聞く言葉ですので、初めて耳にする言葉、という事はまずないかと感じられます。


歯科衛生士が在宅での医療で要されるのは、まずは患者の口内をきれいに掃除することです。患者の口内が不潔だと、細菌が増殖した歯のカスを飲み下すかもしれません。
長きにわたって歯を使用すると、外側のエナメル質はだんだん消耗してしまって薄くなるため、なかに在る象牙質の色そのものが気付かない内に目立つようになってきます。
ムシ歯がきっかけの知覚過敏は、虫歯は相当進んでしまっていると察せられ、歯の痛みも継続しますが、そうでないときは短期間の徴候で収束するでしょう。
PMTCが、通常のハブラシによる歯の手入れでは完全に落とせない色の定着や、歯石を除く不要物、ヤニなどを清潔に取り除きます。
歯に付いてしまう歯石はプラークとは異なって硬質であるが故に、歯のブラッシングで取ることが難儀になるだけではなく、気持ちの良い細菌の集まる家となり、歯周病を招きます。

病気や仕事が原因で、疲れが溜まり体力が衰えたり、栄養のバランスが偏った食事が続いたりすると、体調のすぐれない具合に変わると口内炎が出来やすくなってしまうとのことです。
むし歯は、むし歯の原因菌が歯を溶かしていくテンポに、歯の再石灰化機能(溶けてしまった歯を元の通りに戻す動き)の進度が下がってくると罹ります。
いつのまにか歯に付く歯石は、プラークとは違い硬質なために、歯ブラシでの歯磨きで取り去るのがやっかいになるばかりか、最適な細菌が好む基地となり、歯周病を招きます。
もしさし歯の根幹が壊れたら(歯根破折と呼びます)、残念ですが使用できない状態です。そのほとんどの症例の場合、抜歯の処置をする方法しかないのです。
初期の頃は歯周病を発生させる菌が歯の表面に付いてしまい、そのせいで歯肉に炎症が生じてしまって赤くなって弱ってしまったり、歯みがきをすると毎回血が出てしまうような状態が歯肉炎の病状なのです。

インフォームド・コンセントの提案は、今の病気の状態を明確に知ることで、それを改善する治療の方法に、誠実に対処するようにしましょうという思考に端を発しています。
一般的な歯の噛みあわせは、しっかりと食べ物を噛む事で上下の歯が磨り減り、それぞれの顎や顎骨の作りに適した、個別の歯の噛みあわせが完了するのです。
口臭の有無を自分の家族にきけない人は、とても多いはずです。そういう場合は、口臭予防の外来で口臭専門の治療を体験してみる事をお奨めします。
最初に、歯磨き粉を使わないでじっくり歯ブラシでのブラッシング方法を覚えてから、仕上げ時にほんのちょっぴり練り歯みがきを用いるようにするときれいに歯をブラッシングできるようになるでしょう。
PMTCを使うことで、毎日のハブラシを使った歯みがきでは落とし切ることのできない色素の付着や、歯石とは異なるカス、ヤニなどを完璧に消します。

歯のホワイトニングは、歯の表面のエナメル質の細かな汚れをよく掃除した後で始めますが、自宅で実施できるホームホワイトニングと歯科医院で実施するオフィスホワイトニングという、方法の異なる2種類が存在します。
自分でさえも気づかない間に、歯にヒビ割れが潜んでいる事態も予想されるので、ホワイトニングをするときには、じっくりと診てもらうことが大事です。
口角炎の理由の中でももっともうつりやすいシチュエーションは、母親と子供の間での感染でしょう。なんといっても、親の子への愛情があるので、一日中近い状態にあるというのが一番の原因です。
いずれの職種の労働者においても言える事ですが、例えるならば歯科衛生士のような医療関係の会社に身を置く人は、殊に勤務中の格好に気を配らなくてはいけないのです。
デンタルホワイトニングの処置を受けないケースであっても、歯のヒビ割れをそのまま放置すると、象牙質が傷み、呼吸時の空気や冷たい料理が当たるだけで痛みを伴う事があると言われています。