歯科・口腔外科Q&A

【親知らず】

●Q:親知らずを抜いた翌日、38度の発熱で気分が悪くなってしまいました。初めて麻酔を打ったのですが、抜くときは何ともありませんでした。麻酔にアレルギーがあったんでしょうか?

●A:局所麻酔で次の日に熱が出ることはありません。
しかし、親知らずの抜歯は身体にそこそこのダメージを与え、また口内は細菌が多いため次に日に発熱することがかなりあります。
抗生剤を服用し、安静にしていれば回復することがほとんどです。5日以上続いたら感染を疑うかもしれません。

●Q:親知らずを抜いたあと出血が多ため止血剤を詰めてくれましたが「このまま詰めておいたら、勝手にとれるから」と言われました。

●A:止血剤は吸収性で放っておいてかまいません。

● Q:親知らずの周りの歯肉が腫れていましたが、その場で抜歯されました。
通常、腫れていても抜歯するのですか? 現在、少々腫れがり、あごの辺りに違和感と痛みがあります。口が少ししか開かず、ツバを飲み込むと痛みがあります。薬は痛み止め3回分と化膿止め6錠だけでもうありません。

●A:急性症状があるときは抜歯をほとんどしません。
麻酔の効果が悪く、抜歯によって炎症が周囲組織に及ぶことがあります。
まず抗生剤で炎症をある程度抑えてから抜歯します。
止血剤は使う事もありますが横になっている親知らずは創面は少ない方が感染の確率が少なくなることからほとんど縫合をします。
親知らずは通常の抜歯よりかなりのダメージを受けます。薬も通常より多く処方することがほとんどです。3~4日では足りないでしょう。
嚥下痛はよくあることで、しばらくは流動性の高い食べ物を摂るしかありません。
今となっては薬を多くもらい、全身、局所双方の安静を図るしかありません。トラブルがなければ1~2週間で現在の症状は改善されます。

患者のための情報の説明と、患者側の自己選択を重く受け止めれば、それ相応の仕事が医者側に向けて厳しくのしかかってくるのです。
歯の管理は、美容歯科の診療を終えて理想通りの完成だったとしても、おろそかにせずに継続していかないと元の通りに逆戻りします。歯を削って白くするための研磨剤入りの歯みがき粉はどちらかというとネガティブなイメージの働きといえますが、再び歯が石灰化することを促すということは貴重な効用となります。
就寝中は分泌する唾液量がかなり少ないので歯の再石灰化機能が働かないため、phが不安定な口中の中性のph状態を持続することが不可能だといわれています。
仕事や病気などによって疲労が蓄積して著しく体力が低下したり、栄養バランスの不均衡な食事がずっと続くなどで不健全な具合に変わったとしたら口内炎が出来やすくなってしまうとのことです。


匂いを気にしていて、市販のガムやマウスウォッシュを頻繁に利用しているのなら、歯垢の除去を一番にトライしてみてください。不快な臭いがマシになってくると思います。
ホワイトニングの施術をしないケースでも、歯にできている割れ目を無視し続けると、象牙質がもろくなってしまい、外気や熱い食物が当たるだけで痛む場合があるといわれています。
仮歯を付ければ、見た感じも違和感がなくて会話や食事等の日常生活にもまごつきません。その上仮歯があるために、まだ治療の終わっていない歯が壊れてしまったり歯列が動いてしまったりすることがありません。
むし歯は、むし歯の原因菌が歯を溶けさせる速力に、歯を再び石灰化する機能(溶かされてしまった歯をもとに戻す動き)のピッチが負けると発症します。
口角炎の原因の中でも非常にうつりやすい環境は子供から親への感染だと思われます。何と言っても親の子への愛情があるので、絶えず近くにいるのが最も大きな原因です。


レーザーによる歯の治療では虫歯そのものをレーザーで殺菌してしまい、それのみか歯の表層の硬度を補強させ、虫歯になりにくい状態にする事ができると考えられます。
全ての労働者にも当てはまる事ですが歯科衛生士のような医療機関の現場に従事する人はなおさら勤務中の服装や髪形に万全の注意を払わなくてはならないと言われています。
ノーマルな義歯の課題をインプラント済みの義歯が解決します。しっかりと固着し、簡単にお手入れできる磁力を用いた商品も作れます。
仮歯が入ってみると、容姿もいい感じで会話や食事にも悩まなくて済みます。更に仮歯があることによって、他の治療中の歯が傷ついてしまったり歯列が動いてしまったりする事がないと言えます。
プラークコントロールという言葉を聞くと、毎日の歯みがきを思いだす状況がほとんどだという感想をもっていますがほかにもいろいろなプラークコントロールの使い方が存在するのです。

気になる口中の匂いを対策をせず放置する事は、あなたの周囲の人への不都合はもちろんの事、当の本人の心の健康にも重篤な重圧になる確率が高いのです。
口臭が気になって、ガムやマウスウォッシュなどを用いている方は、歯垢を除去する対策を始めに開始してみてください。嫌な口の中のニオイがマシになってくるはずです。
歯周組織の復活のために、エムドゲイン治療の施術はすごく良い結果をもたらすテクニックなのですが、それにも拘わらず、最高の再生結果を得るわけではありません。
下部に比べて上部の親知らずは、麻酔の効用が効果的であるため、抜歯の瞬間もほとんど鈍痛に感じるという場合が少なく痛みに虚弱な方を対象にする場合も、手術は比較的簡単に為されます。
人間本来の歯の噛み合わせは、確実に噛むことにより上下の歯が摩耗し、個性的な顎の骨の形や顎に適した、自分だけの快適な歯の噛み合わせが作られるのです。

第一段階は歯周病の原因菌が歯の表面にこびり付き、それが大元で歯肉が炎症を起こして赤くなって傷んだり、歯を磨くと血が出てしまったりする状況が歯肉炎の所見なのです。
嫌なことに歯肉炎にかかると歯のブラッシングの時、林檎等をかじりついたとき、歯茎からの出血があったり、歯グキがなんとなくかゆいなどのこうした不具合が現れます。
近頃では歯周病になる要素をシャットアウトする事や、原因菌にむしばまれた所を清潔にすることによって、組織の新たな再生がみられるような歯科の技術が出来上がりました。
カリソルブという薬剤は、平たく言えば「現代科学の技術で虫歯になっている部分だけを溶かして治す薬」です。その処置をしても、虫歯に冒されていない所の歯には何も被害のない安全な薬です。
びっくりするかもしれませんが日本は歯の病気予防においては残念なことに後進国と言われており、欧米人に比べても、日本人の歯の寿命が縮まる一方です。元々歯に限らず予防全般についての危機感が異なるからだと想定されます。

口内炎の発生段階やできてしまった箇所次第では、舌が自然に力を入れるだけで、大変な痛みが発生してしまい、ツバを飲みこむ事さえも難儀になってしまいます。
見た目麗しく歯並びにしたい人は、要領良く美容歯科を活用してみると良いでしょう。腕の立つ美容外科医は、初診から完治まで万全な療法を提言してくれる歯科医院です。
最初は、ハミガキ粉を使わずに十分にブラッシングする方法を実践できるようになってから、仕上げする折に米粒大ぐらいの歯みがき粉を取るようにすると丁寧なブラッシングができるようになるでしょう。
あまり知られていませんが、むし歯は、むし歯の菌が歯を溶けさせる速力に、再び歯を石灰化する機能(とけてしまった歯を元の通りにする効果)のピッチが追いつかないと発症します。
ムシ歯がきっかけとなっている知覚過敏は、ムシ歯は相当進んでしまっていると推知され、歯の痛みも変化はありませんが、違う場合は、短期的な変調で沈静化することが予想されます。